OLDs@大宮の街頭宣伝活動のお知らせ

Omiya-a

OLDs@大宮の街頭宣伝活動のお知らせ

明日(2019年12月8日)、OLDs@大宮は大宮駅西口デッキで街頭宣伝・署名活動を行います。森友・加計疑惑の追及とともに、「アベ9条改憲NO!」の署名を訴えます。

シッティング、スタンディングなど、どのような形態でもけっこうです。どうぞご参加ください。

日時:2019年12月8日(月)14時~16時(時間帯にご注意ください)
場所:大宮駅西口デッキ

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ

寒かったです

2019/11/07_OLDs第238回巣鴨行動

本日(2019年11月7日)、OLDs が第238回巣鴨行動を行いました。コアメンバーは6人が参加。その他に T さんがシッティングで、Ryu さんがスピーチで参加してくれました。

一時雨がぱらつきましたが、まもなくあがってくれました。でもとても寒い1日でした。

この日の成果は署名が7筆、チラシが119〜125部でした。

受け取ってくれたのはほとんどが高齢者でしたが、1人だけ、小学生とおぼしき女の子が自分から手を伸ばして受け取ってくれました。「ありがとう」と言うと、にっこり笑ってくれました。

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ

『週刊スガモ』2019年11月30日版

3

 

『週刊スガモ』(by野木)11月30日版

 

先週は風邪でダウンし、巣鴨行動をサボりました。一応治ったとは思うのですが、まだ本調子じゃない感じで情けない。ま、ぼちぼちと。

 

★「緊急事態条項って、危ない」

20歳過ぎに見える男性2人連れ。多分、学生さん。片方がチラシを受け取ってくれた(若い人に受け取ってもらうと、それだけでもうハッピー)。

「安倍首相が改憲改憲と言ってるけれど、どう思います?」と聞いたら、即座に「反対ですね」。

ほう。その理由は?

「緊急事態条項とかって、すごく危なくないですか?」

「ですよねー」

改憲反対の理由でまず緊急事態条項について触れる人は(巣鴨で話をしている限りにおいては)珍しい方。ある程度、情報を得ているのだなと心強い。

安倍政権については「もう、言い出したらキリがないです」。

やや大雑把にではあるけれど、幾つか印象に残っている事柄を話してくれた。

ただし、署名は断られた。

「街頭での署名には、あまり積極的になれないのかな?」

「ええ。まあ……そうですね」

 

こういう人は、決して珍しくない。前にも書いたかも知れないが、私の友人にも1人、確信犯的な「街頭署名しない派」がいる。彼女は私と思想心情的にかなり近い女性で、昔から様々な活動をしているし、発起人になったりもしている。むろんあちこちで署名もしているのだが、街頭で自分が知らない団体(もしくは知らない人)が集めている場合は断るという(署名用紙をもらって帰ることはあるけれど)。彼女のなかでは署名という行為はそれなりに重いもので、互いに信頼し合えるとわかった相手からの呼びかけであることが重要なのだ。相手を彼女のそういう態度は、それはそれでOKだと私は思っている。

★うん、署名はしなくてもいいから 

彼女ほど理屈っぽくはなくても、「何となく躊躇する」人は少なくない。これまた以前書いたことだけれど、たとえば街頭の署名に応じたら集会の案内だの何だのがやたらに来るようになり、家族(舅姑だったかな?)と気まずくなってしまったという人。よい主張だと思って署名したら実は何かのセールス関係で、家に押しかけられて怖かったという人もいた(その話をしてくれた人は独り暮らしの高齢女性。本当に怖かった、と肩を震わせていた)。

そういう人を勇気がないと批判したり、無知だからと嗤うのはたやすいけれど、私はそういう立場には立ちたくない。戸惑ったり怯えたりしながら、それでも僅かでも「こういう世の中はおかしいよ」という感覚を持ち続けて欲しい、と思う。

 えへ。閑話休題。

若い男性がどういう理由で署名を断ったのかは聞きそびれたけれど、どういう理由でもかまいません。署名しなくてもいい、安倍改憲に対する疑念を持ってさえいてくれればオッケー。

彼と一緒にいたもう一人の男性は、チラシを渡そうとすると「大丈夫です」と断った。もうッ! また「大丈夫」かよ。

「大丈夫です、って……日本語おかしいぞ」と口から出かかる台詞を慌てて呑み込む。別に私たちの活動に反感を持っているから受け取らないわけではなく、よくある「何となく面倒臭い」感覚なんだろうなと理解。なぜなら彼は同行人が私と会話するのを別に嫌がるふうもなく、ウンウンと頷きながら聞いていたから。

安倍政権に対して否定的な意見を持ち、改憲にも反対だという人でも、必ずしもチラシを受け取ったり署名してくれるわけではない。「安倍改憲NOならチラシ受け取るのが当然。署名するのも当然」ってわけじゃあ、ないんですよね。……と寛容な気持ち(?)で街角に立っておりまする。大してチラシ配れない言い訳だろうって? あ、それは言わないで~。

 

★「モリカケ桜、もういい加減にして」

署名してくれた女性。多分、80歳は超えているのではないか。

安倍改憲や安倍政権について尋ねると、「モリ・カケ・サクラちゃん」とボソッとした感じで言った。「全部、一緒。庶民をバカにしてるのよね。本当にもう、いい加減にして欲しいのよ」

集団自衛権がどうの、新自由主義がどうの、歴史認識がどうの、ファシズムの兆候がどうの。あるいは自衛隊は違憲か合憲か、保守か革新か、アメリカに尻尾を振り続けて良いのか悪いのか、エトセトラ……そういう様々な問題に頭を巡らせなくても、ごく素朴に「安倍政権はどうも信用できない」と感じている人は少なくないはず。そういう直感を、私はしつこく刺激し続けたい。少なくとも今は、改憲の野望を砕くのが最重要事項だと思っているから。

★安倍首相はタイコモチ

60歳前後に見える女性がチラシを受け取ってくれたが、署名はもらえず。もっとも拒否されたわけではなくて、「もう署名していている」とのことだった。ほぼ100%、逃げ口上ではない。共産党員の友達がいて、彼女に促されてかなり前に署名した……といった話をしてくれたから。今年になってから、チラシを受け取って対話に応じてくれたなかに「署名済み」の人が徐々に増え続けている感触はある。

安倍改憲については「9条変えようなんてトンデモナイ」という意見なのだが、安倍首相に対する感想はちょっとおもしろかった。

「あの人、八方美人よね。海外のあちこちに行っていい顔をして。あれもまあ、アリなのかなあとは思ったりする」

「あ、彼の外交(←外交なんぞと言えるかどうかは別)はそれなりにオッケーだと?」

「うーん。まあ、喧嘩するよりはいいかも」

「でもですねえ」と、ちょっぴり異論を出してみる。「韓国などに対しては、喧嘩売ってる感じもしますけど?」

「ああ、それはそうね」と彼女は頷いた。「強い相手にはタイコモチみたいになって、少し弱い相手(←かどうか、客観的な見方はこれまた別)だと見ると居丈高になっちゃうのよね」

確かにああいう男ってサイテー、というところに話が落ち着きました。

安倍政権に対する不信感は、人それぞれでいいと私は思う。先の高齢女性のように「モリカケサクラ」に腹を立てるでもいいし、強い相手にだけ尻尾を振る卑しさに眉をひそめるでも、閣僚達の差別発言にピピッと反応するでも何でもいい。自分が最も「NG」だと思うところを入り口にしてこそ、私たちの思念は内実化する。

「別個に戦い、共に撃て(←古い)」ですよ、ね?

 

★「徴兵制だって現実化するかも」

 巣鴨行動では横断幕の横に折り畳みの小さな台を据え、署名用紙を拡げている。ここで立ち止まって署名してくれる人は少なくない。

その一人、若い女性と少し話をした(学生さんかと思ったら、30歳だとのこと。やっぱり、他人の年齢ってわかりにくい……)。

少しずつ様々な話題が出たので、彼女の発言だけをピックアップして紹介する。普通、この『週刊スガモ』では私の合いの手だの、相手の発言を交通整理したり確認するための言葉だの、ちょっと挟んだ私の(時には挑発的な)意見だの、自身の感想だの……も一緒に書いているのだが、それをやるとダラダラ長くなるので、ところどころカッコ書きで挟む程度にします。

──まず、安倍改憲反対の理由は

「9条を変えたら、自衛隊が海外の戦争に参加する可能性も出て来る。徴兵制だって現実化するかも知れない」

「緊急事態条項も、とても怖い。政府に独裁権を渡したら、何が起きるかわかりませんよね」

(この日、緊急事態条項の話が出たのは2人目。これは珍しいことで、ちょっとほおぉという感じがした。9条問題のほか、緊急事態条項にも着目している人がいるのは嬉しい)

★「子どもなんか産む気になれない」 

──安倍政権について

「もう最悪」

(改憲ばかりに前のめりの姿勢、モリカケや桜の問題などについてちょっと言及した後、話は日米貿易協定のことに)

「私もね、出来れば安全な国産のものを食べたいと思うんですよ。でも国産のものって、高いじゃないですか。安い外国産のものがあれば、どうしてもそちらを買ってしまう」

(そうやって日本の食の自給率がどんどん下がっていくことについて少し意見を交換したが、そのあたりは割愛)

──今の日本社会について

「少子化、少子化って言うけれど、今の社会の状況では未来に希望なんか持てない。子どもを産む気になんか、なれるわけないでしょう。子どもを産めば自分も幸せ、子どもの未来も明るいという世の中を造れずに、何を言ってるんだか」

(子どもを持つということについてやや散漫に意見交換したが、これも割愛)

──で、これからは?

「でも、次に選挙があったら、どうせまた自公が勝つのよね」

(と、少し諦めモード。そんなことないですよ、諦めちゃあオシマイですしね、と言ったら、そうですねと頷いてはもらったけれど)

 

★インタビューというのは難しいのですぞ  

実はこの女性に話しかけたのは、ちょうど署名台の前にいた仲間のひとりに呼ばれ、「インタビューして」と言われたからである。

彼に他意のないことは充分わかっているし、じっくり話を聞いて欲しいという気持ちも十二分に理解しているのだけれど、「話しかけて」「相手の考えや思いを引き出す」には、こちらも準備がいるんですよね。準備と言ってもむろんほんの数十秒程度のことだけれど、相手の雰囲気をキャッチしてなるべく適切なアプローチを手探りする必要がある。(事前の了解があれば別だけれど)いきなり振られたらアタフタしますわなあ。

……というわけで最初は少々ギクシャクしてしまった。まあそれなりに話ができてよかった。終わりよければすべて良し、かな。ただ、最初っから私がアプローチしていれば、もっと話が膨らんだかも知れない……という思いはある。

OLDsの仲間に告ぐ。自身がつかまえた相手は、最後まで責任を持って対応して下さい。いや、むろん以心伝心で「役割分担」が整っていればそれでいいし、SOSの発信があれば駆け付けますけれど。私は街頭インタビューのレポーターじゃないので。

 

★以下、完全なワタクシゴトの余談

私は子どもの頃はいわゆる虚弱児で、何かと言うとすぐ熱出すわ腹下すわ貧血起こすわジンマシン出すわ。大病で入院したことも2度ばかり。親は「無事に成人してくれれば御の字。ほかのことはどうでもいい」と思ったそうで、おかげさまであーせいこーせいと親にうるさく言われず伸び伸び(?)育ちました。

でもおもしろいもので、体質って変わるんですね。10代半ば過ぎからそこそこ丈夫になり、20~40代は徹夜が続いても異文化の土地に行ってもノープロブレム、少々腹下しても放ってりゃ治るの駆け抜け人生。ところがやはり……と言うのかなあ、50の坂を超える頃からまた細かく体調崩すようになりました(大病はしないけれど、しょっちゅういろんな不調を抱えているという人、いますよね。私、それなんです。蒲柳の質、というやつ。『史記』に出て来る西施ではないのが残念ですが。きさかたや雨に西施が合歓のはな──芭蕉)。

で、寒くなってきた途端に、さっそく風邪を引きこむていたらく。いつまで保つのかなと思いつつ、まあ残された時間をボチボチと。……

カテゴリー: こんな行動をやっています, こんな風に考えています, 週刊スガモ | コメントをどうぞ

2017-12-23 22.14.29

OLDs第238回巣鴨行動のお知らせ

明12月7日(土)、OLDsが第238回巣鴨行動を行います。ふるってご参加ください。

うそとごまかしで塗り固めたアベ政権がまともな憲法論議をするわけがありません。

虚偽答弁と公文書改ざんなど嘘に嘘を塗り重ねるこんな政権に憲法をいじらせていいのでしょうか?

私たちは引き続き森友・加計疑惑の解明を要求するとともに、「アベ改憲NO」と改憲発議反対を訴えて全国統一署名活動を行っていきます。

シッティング、スタンディングなど、どのような形態でもけっこうです。どうぞご参加ください。

日時:2019年12月7日(土)15時から16時まで(夏よりも1時間早くなっています。ご注意ください)

場所:巣鴨駅正面口

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ

雨のち晴れ

20191202_OLDs@大宮の大宮駅西口デッキでの街頭宣伝活動報告

本日(2019年12月2日)、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで宣伝活動を行いました。Olds@大宮から高橋が参加しました。いつも参加してくれる寅さんは抜けられない用事で今週、来週と不参加です。

さらに今日は天気予報通りしっかり雨。

この雨じゃあ署名も無理だし、チラシもだめ。寅さんがいないからトークもなし。しょうがない、プラカードを掲示して、その横に突っ立ていよう。

不思議と腹がすわっていました。

プラカードを取り付けていると、「こんな雨なのに」との声が。ふりかえると、すっかり常連となったあの反中嫌韓のご婦人がたっていました。いつもは寅さんと10分以上は話しこんでいるのですが、今日は寅さんがいないので私がお相手することになりました。

話題はもっぱら「桜を見る会」でした。彼女、アベが大嫌いなのです。シュレッダーの話で盛り上がった後、彼女が言いました。「あたし、アソウさんの奥さんの方がいいと思う」

麻生さんの奥さん? どんな人だったっけ。

「それがいいのよ、みんな知らないっていうのが。彼女、表に出なかったでしょ。なのにこのアキエはチャラチャラ出しゃばってさ」

「早く引きずり下ろそうよ」

「ええ、そのためにやってるんですが」

別れ際、「適当に切り上げてくださいね」と気遣ってくれました。

さて、雨でチラシ配りは無理かなと思い、最初は、声を張り上げて「アベ改憲案は自衛隊の海外派兵につながりまーす」と訴えていただけだったのですが、どうも今ひとつ決まりません。そこで傘で雨をよけながらチラシを配ることにしたのですが、受け取りはきわめて悪く、2時台で配れたのはわずか3部でした。

さて、最初は本降りだった雨もしだいにしだいに小やみとなり、3時を過ぎたころには青空も見えてきました。チラシの受け取りもしだいによくなって、3時台は10部でした。

ということで、本日の成果は署名ゼロ、チラシ13部でした。

あ、それからもう一つ。メモによると3時53分、あのおひげの隊長さんが目の前を通り過ぎて行きました。

「隊長!」と呼びかけたのですが、完全に無視されました。

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ

OLDs@大宮の街頭宣伝活動のお知らせ

Omiya-a

OLDs@大宮の街頭宣伝活動のお知らせ

明日(2019年12月1日)、OLDs@大宮は大宮駅西口デッキで街頭宣伝・署名活動を行います。森友・加計疑惑の追及とともに、「アベ9条改憲NO!」の署名を訴えます。

シッティング、スタンディングなど、どのような形態でもけっこうです。どうぞご参加ください。

日時:2019年12月1日(月)14時~16時(時間帯にご注意ください)
場所:大宮駅西口デッキ

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ

それなりの成果でした

1.jpg

20191130_OLDs第237回巣鴨行動

本日(2019年11月30日)、OLDsが巣鴨駅正面口前広場で第237回巣鴨行動を行いました。

今日はひさしぶりに雲一つない快晴でした。

われわれが到着したとき、広場では二組の団体が募金活動とチラシ配りをしていました。ということでトラメガによるスピーチは最小限におさえました。

2.jpg

本日の成果は署名が15筆、チラシが145部でした。

OLDsの結成からすでに4年半が経過し、最近メンバーもあちこちガタが出てきています。60歳代の若い方々が新しく参加してくださるといいのですが。一月に一度でも結構です。

カテゴリー: こんな行動をやっています | コメントをどうぞ