OLDsが第99回巣鴨行動を行いました

昨日(2017年4月1日)、OLDsが巣鴨駅駅頭で「テロ準備罪」に関するリーフレットを配布しながら、緊急署名を訴えました。集まった署名は10筆でした。この日はまた、「テロ等準備罪」に関するシール投票を行いました。その結果は写真の通りです。

1時間の訴えをする中で感じたのは、「この法案は恐いわ」とさっと署名してくれる人たちと、まったく関心を示さない人たちとにはっきり分かれているということでした。

行動の後、近くの喫茶店でミーティングを行いました。この日の主たる話題は、この法案を何と呼べばいいのか、という問題でした。

今回の「テロ等準備罪」では、過去三回提出された法案とは異なり、「共謀」という言葉は使われておらず、代わりに「計画」という言葉が使われています。議論では、「計画」の方が「共謀」より広い概念であり、今回の法案は過去三回の法案と比べてより危険性が高まっているのではないか、との指摘がなされました。この議論から生まれたのが次のスローガンです。

「共謀罪より恐いテロ等準備罪」
「テロ等準備罪は共謀罪より凶暴です」
「一般人までしょっぴかれます」

訴えていく際には、以下の点を強調していくことも提案されました。

◎「テロ等準備罪」という言葉が使われているが、もともとの政府案には「テロ」と言う言葉は一切入っていなかった。この法案の対象は「テロ」ではない。

◎この法案は市民活動を対象に、ふつうの市民を逮捕することに使われる可能性がきわめて大きい。

カテゴリー: こんな行動をやっています, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中