ダブルヘッダーでした

昨日は、総がかり行動実行委員会、未来のための公共、Stand for Truth の三団体が呼びかけた国会前集会と、OLDs独自の巣鴨行動がかち合ってしまいました。

今の政治状況では、中央の集会に一人でも多く結集することは非常に重要ですが、しかしだからといって巣鴨をからっぽにするわけにはいきません。

そうした判断から、先週のミーティングで以下のように決めました。

○14時からの国会正門前第集会に参加する。なおこの機会を利用して、OLDsの自己紹介チラシを集会参加者に配布する。

○集会参加を早めに切り上げ、16時から17時まで、第153回巣鴨行動を実施する。

○中央集会に最後まで参加を希望するメンバーについてはその意思を尊重する。

ふだんの集会では、集会開始の1時間以上前に行って演壇に近い場所を確保するのですが、今回はそれはあきらめ、憲政記念会館前に陣取ることとし、地下鉄永田町駅出口から憲政記念会館前までの路上でチラシを配布することにしました。

13時前に永田町駅前に着き、OLDs自己紹介チラシを配布し始めましたが、地下鉄出口から出てくる人はまばらです。「少ないなー」「大丈夫だろうか」とかなり心配になりました。しかしだんだんと人の数も増え、自己紹介チラシも思ったより早く配布し終わることができました。

ちょっと気になったのは、国会図書館前の通り(永田町駅から憲政記念会館まで)にはスピーカーが設置されていなかったこと。3年前の安保法制の際には、この通りにもスピーカーが配置されていました。主催者側も集会参加者数を低く見積もっているのでは、と心配になりました。

集会の呼びかけがかなり急だったことを考えれば、結果的には「まずまず」といったところだったでしょう。しかしアベ政権を追い込むには、あの国会前の車道をすべて人で埋め尽くすまでにならなくては。

さて、巣鴨での街宣は、プラカードの掲示はせず、横断幕も手に持つことにしました。街宣にはRyuさんとTさんがシッティングで参加して下さった他、Ryuさんにはスピーチをおねがいしました。

この日の成果は署名15筆、配布したチラシは82部と少なめでしたが、署名して下さった方との交流は豊かなものがありました。野木さんの「週刊スガモ」をご覧下さい。また萌さんが準備してきたスピーチ原稿もなかなか読ませます。

20180414-a20180414-b20180414-c20180414-d20180414-e20180414-f20180414-g

カテゴリー: こんな行動をやっています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中