週刊スガモ 特別号(大宮編)2018年7月16日号

(写真は寅次郎氏が提供)

大宮行動の手伝いに行きました。高橋さんの報告にあったように成果の少ない日だったかなと思いますが、その理由として私が考えたことは……(あくまでも個人的な感覚、ですけど)。

①仏教系グループ「K会」の人達が大勢いて、そのスピーチや新聞配りに押されてしまったこと。

②あまりに暑かったこと。

暑いと行動する側も道行く人達もパワーが下がる。ちなみに「道行く人のパワーも」と言うのは、「わずかでも周囲と関わるのがしんどくなる」ということです。私自身、暑かったりして疲れていると、様々なことをプイッと無視して通り過ぎる時がままありますから。まぁ仕方ないよね、こういうこともあるよねと、ヘタレの私は思っております。

それはともかくとして。コバンザメ(何という呼ばれ方……)のワタクシは、道行く人と少しだけ話をしてみました。「9条は守らないとね」などと言って署名してくれた人との会話はさておき、署名ナシ・会話のみの場面を少しだけご報告。

★女子中学生2人連れ

片方がチラシを受け取ってくれたので、とっ捕まえて会話。

「ね、安倍さん……安倍総理のこと、どんなふうに思う?」と尋ねると、チラシを受け取った方の少女が「えーっと。あまり好きじゃないです」。

「わっ、好きじゃないんだ。どーして?」

「うーん。すごく汚い感じ」

「うんうん」

「お金に汚い感じがして。でもって、それを誤魔化そうとするでしょう」

安倍首相に関わる疑惑は古典的な(?)「お金の問題」ではないのだが、「自分の利益ばかり考えている」という感じをこんなふうに表現したのかなと解釈。

「安倍総理のことを汚いと思ってる人、女性は割と多いのよね。あなた達ぐらいの人から、私みたいなおばあちゃんまで。……ところでさ、安倍総理以外の……たとえば麻生さんとか、ああいうエライ人達はどう?」

「……好きじゃないですぅ」と、女子中学生2人で顔を見合わせる。

「私も好きになれないのよねぇ。ヤな感じ、って思ってるの。あのオジイサン達、すっごく女性をバカにしてると思わない?」

そう言った瞬間、2人揃って「そう。そうなんですよねー。上から目線。女性のこととか、絶対考えてないと思います」と素早く反応。3人で(ほんの10秒か20秒ぐらいだけれど)「だよね、だよね」と盛り上がる。

自分が差別されていると(漠然とではあれ)感じる人は少なくない。そのあたりで共感の土壌を耕してから話を始めるのは、ひとつの方法ではないかと私は思っている(何度でも言うが、あくまで私の個人的意見です)。特に女性の場合は生活の細かな局面で不愉快な思いをすることが多いので、その感覚を共有すれば自然と「今の社会は変だよね、ヤだよね」という話に繋げやすい(むろん、繋がらないことも多々ですが)。

で、そろりそろりと……。

「憲法のこととか、みんなで話したりする?」

2人顔を見合わせて、はにかむように笑って、「すこーしだけ」

「安倍総理とか今の自民党のオジイサン達、憲法変えようって言ってるじゃない。どう思う?」(←またジイサンに対する反感を利用。OLDsのご高齢男性の皆さま、お許しを)

「うーん。よくわからないんですけど、やっぱり変えない方がいいかなぁって」

「別に困ってないものねぇ。あんなオジイサン達に好き勝手されるのって、ヤだもんねぇ」

ですよねーと、最初にチラシ受け取ってくれなかった1人の方も受け取ってくれました。

ちなみに、彼女たちに「署名して」とは求めませんでした。自分たちから署名しますと言ってくれれば御の字だけれど、ほんの僅かでも「何か押しつけられてるみたい」な感覚を持たれるのが怖いから。

こういうヌルいやり方に、眉をひそめる人は多いと思います。実際、私自身も「ええんかいな」と内心で首傾げることしきり。1筆でも多くの署名を集めることの大切さは重々わかっているのです、ホント。それでもなお、私は「署名よりもヌルい会話」を手探りしたい。会話したうちのほんの1%でも、何かに引っかかり、ほんのちょっとでも何か考えてくれればそれだけで嬉しいから。闘いは長いのだから。

★60代ぐらいの男性

チラシを受け取ってくれたのでストーカー開始。こういう署名集めてるんですよと簡単に説明すると、チラシを軽く振って「ん……読んでから」。

「じゃ、署名はまたにして。安倍首相のこと、どう思われます?」

歩きながら、「うーーーん」と答えに詰まった様子を見せる。

「頑張ってるのかも知れないけどねぇ」

「ふむふむ。頑張ってる。でもねぇ、頑張ってりゃいいってものじゃないでしょう。見当違いの頑張り、ってのは迷惑だったりしますしぃ」

「あは……それもそうだ」と苦笑して、駅構内に去って行かれました。

★余談ですが、「エホバの証人」の女性に「お姉さん、うまいわね」と誉めてもらいました……(お姉さんってアナタ。多分、私のほうが年上だと思いますけど)。ポワーンとして近づく感じがうまい、のだそうです。よく言えば警戒心抱かせないアプローチ、悪く言えば単なるアホなのか。喜んでいいのか情けないと反省した方がいいのかわかりませんが(泣)、まぁ……喜ぶことにしよう。きゃっ。

「何の根拠もなく前向き」というのは「ヤンキー」の条件のひとつだそうですけど、少しでも前向きにならないとヤッテランナイですよね、皆さん。

カテゴリー: こんな行動をやっています, 週刊スガモ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中