市民と野党の共闘もそれなりに大変です

昨日(2019年1月19日)、OLDsが第139回巣鴨行動を行いました。

この日は総がかり行動実行委員会が呼びかけた19日行動が国会議員会館前で行われ、OLDsのメンバーは巣鴨組と永田町組の二手に分かれました。

巣鴨駅前に着くと、日本共産党の宣伝カーが道路際に駐車しており、われわれとちょうど同じ時間帯に消費税引き上げ反対の宣伝活動を行うとのことでした。先方との話し合いのなかでは時間を区分する案も出たようですが、こちらは毎週やっていることから、われわれのスピーチは遠慮することとしました。

それはともかく、釈然としないものが残ったのも事実です。

共産党の宣伝活動に参加した地元の区議さんや地元後援会の皆さんは、私たちOLDsが3年半前から毎週土曜日の午後、1日も欠かさずにこの場所で宣伝活動をやっていることをご存じなかったのでしょうか。

ご存知なかったのでしたら、地元の市民運動にもう少し関心を持っていただきたかったですし、ご存知だったのでしたら、なぜ別の時間帯に設定していただけなかったのか、疑問に思います。

もう一点。行動終了間際に近くの交番からお巡りさんが二人近づいてきました。お一人は交番長(?)さんでした。なんでも近くの家から110番があって、スピーカーの音がうるさいとのことでした。いやそれはわれわれOLDsとは別の団体だからそちらの責任者に言ってくれと言ったのですが、しばらくの間、別団体であることを理解してもらえませんでした。

「お巡りさん、しっかりしてくださいよ」と書こうと思いましたが、まあお巡りさんたちにはあんまり気を使わずにのんびりしていてもらった方がいいですね。。

スピーカーの性能が良かったのでまだましでしたが、しかしあの音量で一時間やられたらね。逆効果だったのは確かです。

とまあいろいろあったのですが、昨日の成果は署名3筆、チラシ100部と、参加人数が少なかった割にはまずまずでした。

この日も圧倒的多数の人たちには反応してもらえませんでした。コンタクトは以下の3件だけ。

1. 中年の男性が、通りがけに、「毎週土曜日、知ってますよ。どうもありがとう」と声をかけてくれた。

2. 60歳代の女性が、署名版を指さして、「アベさんの?」と聞いたので、両腕でバツを作ったら、「よしっ」とのことでした。

3. 20代の男性がスマホをこちらに向けて、「写真を写してもいいですか」と聞いてくる。私が署名版に下げている「こんな人たち」の写真が狙い。「顔はやめて」と言ったら、「はい」と素直なお返事。発音が外国人風だった。多分中国人。

今週は野木さんがお休みなので『週刊スガモ』はお休み。この程度の記事ですみません。

 

カテゴリー: こんな行動をやっています, こんな風に考えています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中