選挙から一晩明けて

本日(2019年7月22日)、OLDs@大宮が大宮駅西口で宣伝活動を行いました。

20190722_OLDs@大宮

参加者はOLDsから一人、浦和スタンディングから一人でした。また浦和スタンディングの今日子さんが激励に立ち寄ってくれました。

通る人一人一人に「アベ改憲は自衛隊の海外派兵を狙っています」と声をかけながらチラシを渡しました。

本日の成果はチラシ24部でした。

本日、多少なりとも言葉を交わすことができたのは6人でした。ただ話の中身がそれなりにあったのは以下の3つのケースだけでしたので、この3例に限って報告します。

(1) 高校1年生の女子二人連れ

(2) 中学1年生の男子

(3) 70代の男性

(1) 高校1年生の女子二人連れ

寅さんが「いかにも利発な二人で」と言いながら二人の女子高校生を連れてきました。高校1年生だとのこと。

寅さんはその時通りかかった年配のご婦人を捕まえてシール投票をやり始めてしまいました。

「僕は何すればいいわけ?」と聞いたら、女子高生の一人が、

「13秒で9条を説明する」と教えてくれました。

「13秒で9条を説明する。そんなのもっと短くできるよ」と言いながら、手すりにかけてある憲法9条のプラカードを見せました。

「何て書いてある? 読んでごらん」

いや、本当に素直ですね。嫌な顔一つせず、9条のプラカードを読み上げます。ちょっとたどたどしいところはあったけれど。

「31秒かかったね」とちょっとからかってあげました。

「君たちはどう考える?」と聞いてみました。

「議論した方がいいと思う。でも憲法は変えない方がいい」

「そうか、それじゃあこれ読んでくれるかな。これがまず初級編なの」とまずは野木さんが作成したチラシ「ジイジとバアバからのお手紙を渡しました。

そして「あなた方は賢そうだから上級編もあげる」と、高橋作成の「アベ9条改憲の秘密」を渡したら、「やった!」と喜んでくれました。

チラシを喜んで受け取るという例は少ないです。どうやら学校で知らない人からむやみにチラシなどを受け取ってはいけない、という指導があるみたいです。

「ありがとうございます」と言って立ち去ろうとした二人を呼び止めて言いました。

「高校1年生ということは、あと3年で選挙権だからね」

「あ、そうだ」

「だからしっかりと政治の問題を考えないとね」

「はい!」

とっても素直でかわいらしい二人でした。

2019/07/22 OLDs@大宮の大宮行動 (その3)

(2) 中学1年生の男子

アベ悪行録のプラカードをじっと見ていた男の子を寅さんが捕まえました。しばらく何か話した後、こちらにやってきました。

「プラカードをじっと見ているんでですね、政治のこと興味ありますか、って聞いたらある、っていうことで」

歳を聞いたら中学1年生だとのこと。童顔で、いかにも「少年」といった感じです。

「中学1年生。政治に関心持っている友だちってまわりにあまりいないでしょ?」

「友だちだち、あんまりいないです」

友だちがいないのか、政治に関心を持っている友だちがいないのか、どちらなのかはうっかり聞きそびれてしまいました。

まだ童顔なのですが、受け答えは、とてもしっかりしています。

「じゃ、これ読んでくれるかな。なんでアベさんがね、憲法改定を急いでいるか、っていうこと。それからそもそもアベさんが憲法を語る資格があるか、っていうこと。どう思う?」

いや、質問の仕方が下手だな、と聞きながら思いました。

でも答が立派でした。こんな立派な答え予想しませんでしたよ。

「昔、憲法9条で決めたものを変えちゃだめだと思う」

「アベさん、なぜ、今、憲法に熱心だか分かるかな?

「あんまり」という答だったので、アベ改憲の狙いについて説明しました。

チラシも二種類あげました。

それにしても、中学1年生でこんなにしっかりした子がいるんですね。

2019/07/22 OLDs@大宮の大宮行動 (その4)

(3) 70代の男性

年配の男性が話しかけてきました。寅さんのプラカードを見たらしく、

「あっちは自民党なの?」

と聞いてきました。寅さんのプラカードは「まともな自民党、まともな公明党を応援しましょう」とか(なんとかかんとか)と書いてあります。ちょっと見ただけでは自民党、公明党の応援にみえてしまいます。この男性もそのように読んだのでしょう。

「この9条っていうのはさ、いろんなのがあるのね。9条の会とかさ」

「ええ、ありますよ」

「今、どうしようもないんだよな。若い奴らが…。一度リセットしなきゃダメなんだよ。地球をリセットしなきゃ」

どうやら今の人類は一度滅んだ方がいいとお考えのようです。

「リセットしないと、新しい生物が生まれてこないんだよ」

「わたしゃいいですよ。もう歳だから。でも自分の子どもとかね」

そうなんですよね。この国に愛想つかすのは簡単なんだけど、さっき会った高校生とか、中学生とかがいるんですよ。彼ら、彼女らはなんとしても守ってあげないと。

この男性、何度も何度も「リセット」という言葉をくりかえしました。

あと、AKB批判、若者批判、マスコミ批判など、話はあちこち飛びました。

そのついでに年齢を聞いたところ75歳だとのこと。いや、驚きました。50代かとおもっっていましたから。若く見えました。

でもとにかく悲観主義者でしたね。

「こういう世の中を変えるには(野党がまとまらなくてはいけないのに)野党はぜんぜんまとまあっていないじゃん」

「いや、ぜんぜんというものでもないと思いますよ。1人区で10人とったし」

「俺から見ればぜんぜんだよ」

といった調子。

別れてから気がつきました。リセットじいさんにはチラシをあげていませんでした。

本日の大宮駅西口での宣伝活動のご報告は以上です。ただ寅さんが撮ってくれた写真がありますので、それを上げておきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中