平日は難しいです

20191118_OLDs@大宮 大宮駅西口デッキでの宣伝活動

昨日(2019年11月18日)、OLDs@大宮が大宮駅西口で宣伝活動を行いました。参加者は浦和スタンディングから寅さんが、OLD_@大宮から高橋が参加しました。

先週の予報では雨だとのことだったので覚悟していたのですが、なんときれいに晴れてくれました。空には秋の筋雲が。

では地上での行動はどうだったかと言うと、大苦戦。

平日なので仕事関係の人が多いのでしょう。スーツ姿が目につきます。みなさん、足早に通り過ぎて行きます。

この日の成果は署名1筆、チラシ19部だけでした。

寅さんは寅さんで、いつもの「キムタクです。ニセ者です」も「チョイチョイチョイ」も「人生道草、道草大事」もまったく効果がなく、かすりもしません。

あまりにもお客さんが少ないので、寅さんいたたまれず、いつものキャンプ用の椅子におちおち座っていられなくなって、あちこち出前の注文を取りに出かけました。

一度など、エホバの証人のスタンドの側までいって「チョイチョイチョイ」をやり出したので、さすがに迷惑になるからとやめてもらいました。

こうして何とか話をすることができたのは3人でした。(1) 14歳の男子、(2) 16歳の男子、(3) 寅さんの三歳年下という男性の3人でです。

(1) 14歳の男子

「ちょっとこの方、見た目いかにも右翼っていう感じでしょ」と言いながら寅さんが少年を連れてきました。

2.jpg

確かにそう言われればそんな感じです。

ただでさえ小声な上にマスクをしているので声がこもって聞き取りづらい。その上こちらの耳も遠くなっているし。

そんなこんなで相手の言っていることを半ば想像しながらの不十分な会話となりました。

アベ改憲の動きは知っているけれど、具体的にどう変えようとしているのかは知らないということなので、いつもの説明をしました。

話をしている中でわかったのは彼が中国生まれで5、6年前に日本に来たのだということ。どういう事情なのかは詳しく聞きませんでした。

そうした経歴があるからか、どことなくませていましたね。

「法律(安保関連法)をなくすには誰かがアベさんに代わって総理大臣にならなくてはだめですよね。でも政権交代したからってアメリカからの圧力があるし」なんてことも言っていました。

でも今ひとつ話がかみ合いませんでした。

「戦争になったら、モンゴルに逃げるのがいいんじゃないか」などと言われたらどう答えたらいいんでしょうか?

(2) 16歳の男子

最初に年齢を聞きました。16歳だとのこと。

3.jpg

「じゃあ、あともうちょっとだね」と言ったら、「はい」という返事。2年後に選挙権を持つことになるのは意識しているみたいです。

「だけど、僕、学校行ってないし」

「あっ、そうなの? なんで?」

「旅してて」

「へええ、じゃあ、たまたま今日ここ通ったの?」

「そうです」

「何で学校行ってないの?」

「無意味だと思う」というのが答えでした。

「それは中学での経験とか?」

「はい」

「なんで無意味なんだろう?」

「僕自身に勉強する意欲がないから」

「でもそれだけじゃないよね。おそらく。いろいろあるんだろうなあ」

で聞いてみました。

「政治の問題には関心あるのかな? あまりない?」

「まあまあ」

「じゃあ、今、憲法を変えようという動きがあるのは知っているかな?」

「知っています」

「じゃあ、誰が、どのように変えようとしているのか知ってる?

詳しくは知らないみたいです。ということで、憲法9条、専守防衛、安保関連法、集団的自衛権と定番の説明をしました。

「もしも自衛隊が海外に派遣されるようになったらさ、行くのは若者だよね、君らみたいな。大人が決めて、あなた方の世代が落とし前をつけなきゃいけない。それはいけないでしょ、っていうのが私の考えなんだよね」

話の終わりに「何か感想ありますか」って聞いてみました。

「あんま詳しくなかったんですけど、面白かったです」と言ってくれました。

素直にうれしかったです。

 

(3) 寅さんより3歳年下という男性

片足が不自由なようで、足を引きずっています。寅さんの呼びかけに応じて彼に近づいていきました。しばらくして、寅さんがかなり強引にこちらに連れてきました。「60歳以上は自分のところで面倒みます」なんて言っていたのになあ。

4

寅さんは、「この方は『アベ政権の下では憲法について議論すべきではない』というところにシールをはったんですよ。どうして議論すべきではないのか」とだけ言うと、行ってしまいました。

どうしてアベ政権の下で議論すべきではないのでしょうか」と聞きました。

「よく知りませんけど。戦争はいけませんよ、という憲法ですよね。それはそのまま置いといてもらいたいなと」

「今それを変えようとしている人がいますよね」

「それは反対です」と断言しました。続けて、

「自衛というのはあくまで自分の国を守る。そしてこの前の災害の時に救助する。あれは置いておいてもらいたいけど」

とのことでした。

20191118_OLDs@大宮 大宮駅西口デッキでの宣伝活動 その4 (長文)

(4) 番外編 中年の女性

終了まであと15分ぐらいだったでしょうか、1人の中年の女性がプラカードを2枚持ってやってきました。何でも今朝はこのプラカードを持って駅前で1人で立っていたそうです。

一緒に並べていいですか、と聞かれました。一枚は原発反対、もう一枚は「桜を見る会」についてのプラカードす。

「もうすぐ終わりますけど、それまででよかったらどうぞ」とお答えしました。

すると

「ここ(大宮)はたまにしか来ないので、よかったら使ってください」とおっしゃいます。

うーん、でもちょっと私の趣味ではないんですね。漢字が並んでいるだけで。それで

「やっぱりこっちはこっちでやりたいです」とお答えしました。

どうしてだめなのかと聞かれます。

答えにくい質問です。

「やっぱりイメージがボーンと湧かないとだめなんですよ。数秒で通り過ぎていくわけだから、ぱっと見てわからないと。

「じゃあ、これは駄目だっていうことですか」と問い詰められました。

「いや、ご自分でやられるのはかまわないですけど。自分のプラカードと一緒にというのは」

「だから頼んでいるんですよ。たまにしか来ないから」

「置いて下さい」っておっしゃるんですね。

「ええ、いやなんですか」

こんな問答がしばらく続きました。

結局、「じゃあいいです」と行ってしまわれました。

わー、いろんな人がいるな。

あとでこの件で寅さんにメールで愚痴を言ったら、

「rare な方ですね。味わいは違っても、やはりびえほさん(高橋のハンドルネーム)と同類ですね」との返事が来ました。

「え? 同類ってどこがですか」

「rare なところがです。だから寄ってくるのです」

私より寅さんのほうがよっぽど rare でしょうが。

カテゴリー: こんな行動をやっています, こんな風に考えています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中