今日の一言 「いや、俺、見たい」

20200210_OLDs@大宮 その1

本日、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで宣伝活動を行いました。参加者は浦和スタンディングの寅さんとOLDsの高橋でした。

今日もよく晴れて、西口デッキはぽかぽかでした。しかしお客さまの方はと言えば、「曇り空で肌寒い」といったところだったでしょうか。本日の成果は署名が4筆、チラシが15部、トークが4組でした。

(1) 50代と思われる映像作家の女性
(2) 中学1年生の男の子
(3) 反ヘイトデモに熱心な30代と思われる男性
(4) 70代の女性

トークは以下の通りでした。

(1) 50代と思われる映像作家の女性

「見るからにハイソな女性で」と寅さんが言いながら連れてきた女性。

2

「安倍政権の下で憲法論議はすべきではない」にシールを貼ったとのことです。

チラシを渡しながら、「今、安倍政権の下で改憲の動きがあるのですが、とても危険な動きで」と言ったら、即座に

「私もそう思います!」

とのお返事。

それなら、と署名をお願いしたのですが、安倍改憲反対の署名はもうしているとのご返事。そこで新しく「発議反対」の署名が始まったことをお話しし、署名していただきました。

その後のトークはもっぱら彼女のお仕事に関してでした。フリーの映像作家だとのことで、これまでの作品や受賞歴、これから作りたい映画などについていろいろお話し下さいました。ただ、ご本人が特定されてしまう可能性があるので、具体的な内容にはこれ以上立ち入りません。

今はやりのクラウドファンディングは人のお金でものを作るということで反対で、稼いだお金はすべて映画作りにつぎ込んでいるとのことでした。その他、NHKのドキュメンタリーに対する批判などいろいろと話して下さいましたが、ここでは省略します。

(2) 中学1年生の男の子

寅さんが子どもたち4人組を捕まえました。男の子2人と女の子2人。寅さんはみんなを私の所に連れてこようとしていますが、女の子2人が抵抗。「行こう、行こう」と催促します。でも男の子のうちの1人がそれを振り切ってやってきました。

3

「仲間が嫌がっているのに踏みとどまる大胆さ」と寅さん。

「でも9条が何だか分からないので知りたいと」

聞いてみました。「9条って分かる?」

「分かんないす」

「憲法って分かる?」

「分かります」

ほんとかな、と思ったけれど、この際はスピード重視。

「9条っていうのは憲法の9番目に書いてある項目なの」

女の子たちと先に行っていた男の子が戻ってきました。「行こう、行こう」と誘います。

「いや、俺、見たい」

これ、この日一番の感動の台詞でした。

こちらも元気が出ました。9条のプラカードを見せて、第2項を読み上げました。

「要するに戦争をしない、ってこと」

「ああ」

と納得した様子。

「この憲法を変えようとしている人がいるの」と言って安倍・麻生のツーショットを見せます。すると

「麻生副総理」

とまず麻生の名前を言いました。

安倍は知っていても麻生を知らない子どもたちはけっこういます。この男の子、けっこうレベル高いです。

「ではどのように変えようとしているのか」

時間に追われていたので、きわめて乱暴な説明になりました。

「たとえ日本が攻撃されていなくても、アメリカが攻撃されたら、自衛隊が世界中どこでも、外に出て行ってアメリカと一緒に戦争できるという法律作っちゃったの」

「ああ」と納得してくれます。

「それでみんな反対したの。憲法違反だと言って。そしたらそれなら憲法変えちゃえ、っていうわけ」

今説明したことがここに書いてあるから、とチラシを渡しました。

何の躊躇もなく「ありがとうございます」と受け取ってくれました。これもわりと珍しいことです。

(3) 反ヘイトデモに熱心な30代と思われる男性

4

4年ほど前に、知り合いました。反ヘイトのデモに熱心で、在特会の集会が西口デッキであったとき、ガードしている警察官ともみ合ったりもしてました。

数年前までは比較的よく顔を合わせたりしたんですが、この2年ほどはまったく見かけなかったです。

さて、こうして独立した項目を立てたけれど、「どう? 元気? ヘイトまだやってるの?」程度で、たいした話はしなかったですね。ということで、この項目はこれで終わり。

(4) 70代の女性

「私と同じ歳かと思ったら、私よりお姉さんなんですって」

5

と寅さんが年配のご婦人を連れてきました。

9条の改憲には反対だそうです。

「お姉さん、どこが駄目なのかお話ください」と言いながら寅さんはフェイドアウト。

でもねえ、安倍改憲反対の人と話す事ってあまりないんですよね。

それはともかく、彼女の場合は、

「改憲の中身も問題だけれどそれ以上に安倍首相の中身が問題なんですよね」

ということでした。

「悪かったら悪かったと正直に言えばいいんですよ。それをうやむやにするから」

「そうですね」と相槌を打っていたら、「あなたは自民党の方ですか?」と突然聞かれました。

どうしてそう思われたのでしょうね。

「いえ、違います。こういう者です」と、OLDsの自己紹介チラシをお見せしながら説明しました。4年前の安保法のこともご存じでした。

(5) 番外編 寅と寛平

この日も、カラスが元気に寅さん周辺を飛び回ったり、ぴょんぴょんはねたりしていました。

7

カラスを怖がって通り抜けることができなかった女の子の手を引いて寅さんが通してあげるなんてこともありました。

終了時刻が来ると、寅さんは荷物をまとめるとベンチに座ってリラックスムード。今日もカラスとしばし歓談するからとのことでした。

別れを告げて駅に向かって歩き始めたら、後ろで寅さんが、何やらカラス語らしき言語で話し始めていました。「おぼろほこ。そろぽちだ」とか言っていました。どういう意味だったのでしょう。

カテゴリー: こんな行動をやっています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中