トークは8組 これまでで最多でした

20200217_OLDs@大宮の宣伝活動

本日(2020年2月17日)、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで宣伝活動を行いました。参加者は浦和スタンディングから寅さんが、OLDsから高橋の2人 でした。

本日の成果は、署名がゼロ、チラシが19部、そしてトークが8件でした。

トークは以下の通りです。トーク9件というのは今回が初めてです。
(1) 眼光鋭い年配のご婦人
(2) 中学3年生の女子生徒2人組 (3) 中学3年生の男子生徒
(4) 50代(?)の男性
(5) 中学3年生の男子生徒2人組 (6) 60代(?)の男性
(7) 60代(?)のご婦人
(8) 36歳の男性
(1) 眼光鋭い年配のご婦人

1

「何度もね署名したのよね」と言いながら年配のご婦人が近づいて来まし
た。鋭い目つきをしています。

「署名したけど、でも、なあんにも変わらないじゃない」

「そうですよね」と苦笑しながら相槌を打ちます。

しばらくは、「ええ」「そうですね」「ほんとにね」と相槌の連発。

まずは思いのたけをすべて吐き出してもらいます。

「まあ、そう言われると私も返答に困るんだけど」と言いながら少しずつこちらの言い分も。

「たとえばね、私みたいなのがね、どこの駅で降りてもいてね、そうなったら雰囲気も少しは変わってくるでしょう。今はね、浦和でもやっているし、川口でも、越谷でもやってます」

これは昔、寅さんが「自分の夢だ」と語ってくれたことです。

「確かにほんの僅かでしかないかもしれないけど、かすり傷ぐらいは残しているんじゃないかと。たとえば、もしもこういう動きがまったくなくて静かだったらって想像してみてください」

「でもみんな無関心じゃない」

「いや確かにそうですけど、ほんとちょっぴりずつですが変わっていくんですよ」

そう言って、この間の中高生たちとのトークの経験について話しました。
トークを始めて1年以上たちましたから、これまで話したことのある中高生は 100人を超えているでしょう。

「驚いたのはね、彼らのほとんどは憲法9条しらないんですよ」

「いや、そんなことないでしょ。みんな、中学や高校で教えているでしょ」

「そう思うでしょ。僕もそう思ってました。でもこの1年間話してみて、ほと んどの中高生が知らないです。これには本当にびっくりしました。それで、 そこで話して説明して、少しは分かってもらう。そして分かってもらう人が 出てきたわけですよ。それがやり甲斐というかね」

「チラシ受け取ってもすぐポイでしょ?」

「いや、違います。ほとんどの人はチラシを受け取ってくれません。ポイと捨てるような人は最初から受け取ってくれません。受け取ってくれる人はそれなりに関心のある人で、そういう人たちは読まずに捨てたりとかはしません」

署名を何度かお願いしましたが、最後まで断られました。

「毎週月曜ここに立っていますから。

お気が変わったらまた」とお願い。

別れ際、激励の言葉をいただきました
(2) 中学3年生の女子生徒2人組

2

「憲法は誰が守るべきなのか、語ってください」と言いながら寅さんが女子中学生2人組を連れてきました。 これはもういつもの定番コースです。

・憲法99条の憲法尊重擁護義務のプラカードを読み上げてもらう。

・憲法9条のプラカードの第2項を読み上げてもらう。

・今、この憲法を変えようとしている人がいるけど誰?かと質問する。

・安倍改憲案(自衛隊の名前を書き込む)について説明する。

・自衛隊について持っているイメージについて話してもらう。

・安保関連法の集団的自衛権行使について説明する。(ただし「集団的自衛 権」という言葉はあえて使わず、その中身について説明します。集団的自衛 権を一発で理解してもらえるようなイラストが欲しいんだが未だ実現せず)

・安倍9条改憲案の本質について説明する。 最後に学年を聞きました。

「中学3年生です」 「じゃああと4年だね」って言ったら、

「選挙権」とすぐに返事が返ってきました。頼もしい。
(3) 中学3年生の男子生徒

3

「憲法は誰が守るべきか分からないということなので、その辺をちょっと」と言いながら寅さんがひょろっとした感じの男子中学生を連れてきました。

「憲法は誰が守らなくてはいけないか」

「国民じゃないんですか?」

「そう思う?」

ということで、またもや定番コースです。

彼氏、さきほどの女子中学生2人組同様、憲法9条も知りませんでした。

「それで今、この憲法を変えようとしているの。誰が?」

「国民が」

という答え。

「自衛隊についてどんなイメージ持ってる?」と聞いたら、

「強い」

「ハハハ、そうだよね、確かに強いよね」

すべてがこんな調子です。

そんな彼が「え?」って反応したのが、安保関連法の中身について説明したときでした。

「日本が攻めてこられていなくても、同盟国アメリカが攻撃を受けたときに はアメリカについて行って一緒に海外で戦争することができるようになったんだよ」

驚いたのは、今の安倍政権がいかに腐っているかという話になったとき、モリカケや桜を見る会についてまったく何も知らなかったことです。

新聞も読んでいない、ネットも見ていない。

世の中がいまどんな風に動いているのかまったく知らないのです。

説明を始めたのですが、ダラダラした話になってしまいました。みんなが知 っているのは当たり前だと思っていたものですから、頭の中できちんと整理 していなかったのですね。今日一番の反省材料です。
(4) 50代(?)の男性

4

40代だったのかもしれません。年齢不詳でした。ラフな服装で、どんな仕事なのかも不明です。

それに反して主張ははっきりしていました。明確な反安倍。早く辞めさせなくてはいけないと。

ということであらためて書くこともあまりありません。

印象に残っているのは、むしろこの後。

寅さんが、70代と思われるおじいさんの後をすがりつくようにして追っていきます。その時に耳に入ったのがおじいさんの次のような台詞。
「自民党がなければ日本は潰れるよ」

他にもやりとりがあったと思いますが、寅さんが報告してくれるでしょう。

もう一つのエピソードは、スーツ姿の若いサラリーマン二人連れ。通り過ぎてしばらく行ったところで、一人が「おじいさん、がんばっているな」

「やっぱ、おじいさんか」といくぶん脱力しました。

 

(5) 中学3年生の男子生徒2人組

5

寅さんが連れてきたこの男子生徒2人組も、今日の他の中学生と同じでした。憲法9条については「なんとなく知っている」とのこと。そしてためら
いながら「平和主義」という言葉が。

「そうだよ、平和主義」と思わずこちらも力が入ります。

ということで憲法とは何か、憲法9条とは、をプラカードを使いながら説明 しました。

でも2人ともなんだかそわそわしています。そして申し訳なさそうに「急いでいるんで」

「あ、ごめん、ごめん」

かわいそうなことしちゃいました。チラシを渡してさよならしました。
(6) 60代(?)の男性

6

2人の中学生と話している間、すぐ側に立って話を聞いている初老の男性がいました。中学生が立ち去った後、近づいてきて話し始めました。

彼の主張は以下の通りです。

安倍晋三は小さいときから大学卒業までずっと家庭教師をつけてもらっていた。それで何とか進学できた。しかし首相になったら家庭教師がいない。だから変なことをやる。彼に家庭教師をつけなきゃだめだ。

この他、パソコンの漢字変換言葉遊びについての講釈がありましたが、省略します。
(7) 60代(?)の女性

7

男性と入れ替わりに、寅さんが60代とおぼしき女性を連れてきました。

「私より同世代か、もうちょっと若い方でですね、安倍だけには改憲をやらせたくないと」

「でもずっとやるでしょ」と彼女。

「いやあ、そろそろ変わる兆候が見えてきたんじゃないでしょうか」

「でも野党が」

「野党はまとまると思いますよ。

「枝野さんがえばってるから」

「えばっているというより、あの人、けっこううまくやっていると思う」

「だってさ、小沢さんが頭下げたのにまだえばってるの」

「ははは」

「でもね、この4年間で野党ずいぶん変わりましたよ。結束がだんだん強くなってきた。今度の衆議院選挙では一人区で候補者を一本化すると思いますよ。そこまで来てます」

といった調子でしばらくおしゃべりしました。

気さくな方でなかなか面白かったです。
(8) 36歳の男性

8

この日の最後は36歳の男性。もう残り時間も少なくなっていたのですが、寅さんが「最後にこの大物が」とかなんとか言いながら連れてきました。

いやあ、ひさしぶりでした。カーンと鳴らすと「キンコーン」とストレート に返ってくる人と話をするのは。

変な表現ですが「まともな市民」と話をしている、という感じでした。

たとえば、OLDs について自己紹介チラシを見せながら説明しようとすると、「SEALsみたいですね」というコメントが返ってくるとか。

今時、SEALDs なんて言ってもほとんどのひとには通じません。

「そうなんですよ。SEALsが若者の街渋谷、原宿でがんばっているなら、おれたちは「おばあちゃんの原宿」巣鴨でがんばるぞーてなわけで」と話が進 んでいきました。

 

カテゴリー: こんな行動をやっています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中