久しぶりに対話ができました。でもマスクなし。やばし

20200803_OLDs@大宮の宣伝活動

昨日(2020年8月3日)、OLDs@お宮が大宮駅西口で宣伝活動を行いました。参加者は浦和スタンディングの寅さん、OLDs の高橋でした。

さて大宮駅に着いて西口デッキに出たら、普段私たちが陣取る場所には手すりに横断幕がくくりつけられています。

telon

「みんなで取り組もう新しい生活様式 がんばろうさいたま!」

ま、いいけど。

ということでいつもとは違った場所で店開きをすることにしました。いつもなら結婚式場の宣伝隊が机を出して勧誘している場所ですが、このところ姿を見せません。

そういえばエホバの証人の皆さんも、今年に入ってから一度も見かけませんし、顕彰会のおばさまたちも姿を見なくなりました。どうしたんでしょう。

ところで、この場所、駅から出てくるとほぼ正面に見えるので、おのずとプラカードも目に入ってくるのではと思うのですが、実際にはプラカードに視線を向ける人は非常に少ないですね。

pancartas

そうした中、立ち止まってプラカードを一枚一枚じっくりと見ていた人が3人いました。

うち2人は中年のおじさん。「ご一読下さい」と言いながらチラシを差し出すと1人は受け取ってくれましたが、もう1人はまったく無反応。よくあるパターンです。

さて残りの1人は20代の青年。

寅さんが捕まえて、プラカードの所までひっぱってきました。

joven

どこかまだ幼さが残る顔つきですが、チラシを渡そうとすると

「いや、Yahoo ニュースなんか読んでいますから情報は入手しています」

といっぱしの口のききぶり。

「Yahoo ニュースは偏っているって言われているからなあ」とこちらもジャブを入れます。

主に話題にのぼったのが、森友学園。

「あ、これ知ってます。こどもたちになんかやらせた学校でしょ」

「そう、教育勅語を暗唱させたんだ」

「安倍首相の奥さんが何かやったんですよね」

「うん、役人たちに働きかけた」

「確か、捕まったんでしたよね」

「そう、この籠池さんね。ずっと拘置所にいれられていた」

「8億円も値引き?」

「うん、ごみの撤去費用ということでね」

「死んだ人がいましたよね」

「この人だよ。赤木さん。改ざんをやらされた。これが遺書。この佐川局長が指示したって書いてある」

といったやりとりがありました。

「ね、この政権はお友だちには優しいわけ。それがばれると今度は嘘ついてごまかして、文書を改ざんしたり処分したり。そんな連中が憲法を変えようなんて言ってる。そんなこと許される? こんな人たちに憲法をいじらせていいのか、っていうのがこのプラカードで言いたかったこと。じゃあどんな風に憲法を変えようとしているのかについてはこのチラシに書いてある。読んでみてくれる?」

今度は素直に受け取ってくれました。

「じゃあ」と言って別れるときに気がつきました。彼、マスクを顎のしたまで下ろしてた。でも後の祭り。

この日の成果は署名ゼロ、チラシ7部。

カテゴリー: こんな行動をやっています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中