割り切れないのが悩み

本日(2010年11月23日)、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで宣伝活動を行いました。

参加者は浦和スタンディングから寅さん、OLDsから高橋でした。

今日は祝日で、いつもよりずっと人出が多く、とりわけ若い人たちが目立ちました。埼玉県でも新型コロナの感染が拡大していますが、緊張した雰囲気は感じられず、「コロナ慣れ」してきているとの印象をここでも強く受けました。

祝日だからでしょう。このところずっとご無沙汰だった顕正会のご婦人たちや結婚式場の宣伝グループも通る人に呼びかけています。

そしてこれも祝日だったからかなのか、圧倒的多数の人たちはプラカードに目をやることすらせず、通り過ぎて行きます。配布できたチラシは僅かに6部。ただ署名を1筆いただきました。

署名していただいたのはとてもセンスの良い服装の年配の女性。チラシを受け取って一旦は通り過ぎたのですが、わざわざ戻っていらして

「別に署名はないのよね」

「いえ、お願いします」

といったやり取りの後、署名していただきました。

話は前後しますが、活動開始前、プラカードの設置をしていたら、60代と思われる男性が話しかけてきました。

「国民が支えているのよ」

一瞬なんの話なのかと思いました。

「スターリンもヒトラーも国民が支えていたのよ」

ああ、なるほど。そういう論理か。

「若い人は政治には関心ない。みんな、自民党が好きなんだよ」

「うーん。じゃあ、どうすればいいのでしょうか」

「自然淘汰されるのよ。憲法変えて、徴兵制を強いて、戦争やってみんな死んでいくんだよ」

そうやって割り切ることができれば簡単なんですが。

カテゴリー: こんな行動をやっています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中